口座開設はこちら
 
FX情報|トレード戦略レポート
森レポート 森レポート
FXアストロロジー FXアストロロジー
GI Market レポート GI Market サマリー
松崎美子の「視る」ブログ 松崎美子の
「視る」ブログ
山内俊哉のココに注目! 山内俊哉のココに
注目!
上田ハーロー
レポート
週刊為替情報
ハロンズ
セミナーオンデマンド

はお客様限定です

1日2回の習慣で、お手軽FX!「テクる」当社独自
SOU Cafe
 
FXマーケット
GI24外為速報
MATT売買シグナル
テクニカル指標

FXデータベース
為替レート
経済指標カレンダー
スワップポイント
マーケットデータ
主要各国政策金利
FXブログ
つれづれなるままに!
FXライブラリ
ファンダメンタル分析
テクニカル分析
通貨占い
FXリンク集

はお客様限定です



外国為替情報のFX museum TOP >> テクニカル分析

  テクニカル分析

ピボット・ポイント
 
前日の高値、安値、終値から当日のサポートライン、レジスタンスラインを計算、売買の際のメドとして利用されます。


見方

  基本はサポートラインに達したら買い、レジスタンスラインに達したら売りという考えですが、S1(サポート1)、S2(サポート2)で買った場合、S3(サポート3)を下抜けたら損切り、R1(レジスタンス1)、R2(レジスタンス2)で売った場合、R3(レジスタンス3)を上抜けたら損切りの指標となります。また、S3(サポート3)を下抜け、R3(レジスタンス3)を上抜けするポイントで逆張りをする方法もあります。



計算式

  R3(レジスタンス3・HBOP) = 2 × P - 2 × 安値 + 高値
R2(レジスタンス2) = (P - S1) + R1
R1(レジスタンス1) = 2 × P - 安値
PVT(ピボット) = (高値 + 安値 + 終値) ÷ 3
S1(サポート1) = 2 × P - 高値
S2(サポート2) = P - (R1 - S1)
S3(サポート3・LBOP) = 2 × P - 2 × 高値 + 安値

※HBOP : High Break Out Point
※LBOP : Low Break Out Point
※P : PVT(ピボット)


高度なテクニカル分析はUHスタンダードチャートから行っていただけます。


戻る


「FX museum(ミュージアム)」(以下「本サイト」という)は、上田ハーロー株式会社(以下「当社」という)が、情報サービスの一環としてお客様に提供するものです。本サイトに含まれる情報は、当社が各種の情報源から取得したものですが、その情報の正確性及び完全性について表明または保証するものではありません。本サイトはあくまで、情報提供を目的としており、価格の記載がある場合は、参考のためのもので、本記事で説明するお取引の勧誘を目的としたものではありません。本サイトは本記事の情報・分析・予測などを使用することによる、直接または間接のいかなる種類の損失に対しても、当社および当社の役職員は、その責を負いません。本レポート内容の無断転載・コピーを禁止します。
為替相場為替レート外為情報サイト:外国為替情報FX museum
FX(外国為替)情報サイト:FXミュージアム TOP Q&A サイト概要 お問い合わせ サイトマップ 外国為替や外国為替証拠金取引、外貨保証金取引の上田ハーローFX